ブログ

私の、得意というか、個人的に好きなサービスメニューが 『洗濯機』 の分解洗浄です。

理由は、ビックリするくらいもの凄く汚れている物が、ビックリするくらいもの凄く綺麗になるからです!
DSCN3605
先日も、札幌市手稲区新発寒にて 東芝製の洗濯機を分解洗浄させていただきました。
osouji_kawaii_midashi_52
DSCN3607
洗濯機は、お見積りの際に洗濯機の底で洗濯物を回す『パルセーター』という部品を外して確認することで、汚れ具合が分かります。 この日の機種も、パルセーターを外すと裏側にはヌメヌメのカビが大集合しておりました!
vertical
after
DSCN3612
そんなハードな汚れも、おそうじ本舖のカビとり剤に漬けきすればキレイに落とせてしまうのです!

ご自宅の洗濯機がどれだけ汚れているのか?気になる方は、お見積りだけでも無料で行きますので、ぜひ無料で汚れ具合を確認してみて下さい!
 浴室にはいろいろな種類の汚れが存在します。
 代表的なのが カビ・水垢・石鹸カス・皮脂汚れ などですが、 どれも落とし方が違うので、使う洗剤・器材がたくさん必要なお掃除メニューになります。

 その中でも、今回は金属部分についてしまった 錆 落とし方を紹介します。

 濡れたヘアピンなどを放置してできてしまった『もらい錆』などはガッチリついてしまうと変色してしまい落とせない場合もありますが、
osouji_kawaii_midashi_52
DSCN3401
この様な 『青錆』 はキレイに落とすことができます!
まずは、アルカリ性の洗剤で表面の汚れを落とし、軽く酸性の洗剤で漬け置きし、研磨剤をつけてやさしいスコッチで擦ってあげれば・・・
vertical
after
DSCN3405
ほら、こんなにキレイに!
本当は、ゴールドの色だったのねー!

 注意点は、洗剤は使い方を間違うと素材を傷めてしまう危険もありますので、慣れてない場合は強い酸やアルカリの洗剤は使わない方が良いです。
 皆さまも、こんな汚れがお風呂にあったら試してみてください。
おそうじ本舗のハウスクリーニングのサービスメニューで年間を通して一番ご依頼をいただくのが、『換気扇クリーニング』。

特に年末になると、換気扇クリーニングの大渋滞が始まります。
そして、1・2月に換気扇の波は一旦落ち着くのですが、流石は人気No,1サービスメニュー。三月・四月になると、また波は来はじめます。

先日も、約10年近くは換気扇のお手入れはしてないという、ハードな油汚れの換気扇をお掃除させていただきました。
DSCN4139
ジャーン!
10年間お手入れされていないという事で、油汚れで真っ茶茶になっておりました!
これレベルの換気扇を目の前にしますと、最近はテンションが上がるようになってきました!
なぜなら、作業前と作業後で違いがハッキリするので終わった時の爽快感が出てくるからです。

まずは分解して、お掃除しやすい状態を作り・・・
DSCN4144
洗剤を泡状にし全面にかければ、油汚れに反応し拭き取ればキレイにできるのです!
DSCN4148
あんなに真っ茶茶だった換気扇が、真っ白白に!!

お掃除する側も爽快ですが、ご自宅の換気扇がキレイになればご利用する側だともっと大きな爽快感を味わえますので、ぜひ一度味わってみて下さい!
お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る