おそうじ本舗の新サービス【洗濯機除菌クリーニング】を試してみました。

2018年10月6日

こんにちは! おそうじ本舗手稲駅前店の山本です!
今日の内容は洗濯機(洗濯槽)クリーニングなのですが、一般家庭の清掃ではなく、自店舗の裏にあるスペースを使ってとあるテストを行いました。

1.市販の洗濯槽クリーナー(塩素系)で空回し
2.おそうじ本舗の新サービス【洗濯機除菌クリーニング】
この2種類の方法で、どれだけ汚れの落ち方が違うのか試してみましたので、順を追って見ていきましょう。

東芝製【市販の洗濯槽クリーナーで空回し】

DSC_0353
こちらは東芝製のAW-60GF(W)です。
DSC_0412
洗浄前です。
外観は結構汚れていましたが、洗濯槽の汚れとしては軽い方ですね。
こちらを市販のクリーナーで洗浄していきます。
DSC_0411
横向きにした状態です。
ステンレス部分中央がくすんでいるのが分かります。
DSC_0417
こちらの塩素系の洗浄剤を使用します。
DSC_0419
水位をマックスにして、空回ししていきます。
DSC_0436
洗浄後です。
一見きれいになったようにも見えます。
DSC_0437
しかし、横にすると中央部のくすみが落ちていないことが分かります。

サンヨー製【おそうじ本舗洗濯除菌クリーニング】



DSC_0349
こちらはサンヨー製です。
型番はASW-B60V(WG)です。
DSC_0415
外観は比較的キレイでしたが、洗濯槽外側は汚れがこびりついています。
こちらを【洗濯機除菌クリーニング】で洗浄していきます。
DSC_0414
横向きにした状態です。
DSC_0420
専用の洗剤を使います。 水を入れ、そこへ洗剤を投入すると、あふれてきそうなほど泡立ってきます。
DSC_0424
少し分解して蓋を開けました。 そのあと、洗濯槽の周りを、らせん状のブラシでこすっていきます。
DSC_0425
こんな感じです。
DSC_0426
こすり落とした汚れが水に浮かんできました。かなり濁っています。
DSC_0428
濁った水をすくってみると、黒いゴミがたくさん取れました。このあとに脱水を行い、空回しをして黒いゴミが浮かんでこないことを確認したら作業終了です。
DSC_0445
どうでしょうか! 汚れでくすんでしまっていた洗濯槽が、ピッカピカになっていますね!
DSC_0446
横から見ても、艶めいて輝いているのが一目瞭然です!
以上で、2種類の方法を試した洗浄テストが完了しました。
いつもお家で洗濯槽クリーナーを使っているから大丈夫だと思っている方は多いかと思います。
しかし、一度汚れが付着してしまうとどんどんその汚れが積み重なってしまって、簡単な洗浄では落としきれなくなるのが事実です。
もし今回の記事を読んで、少しでも不安になった方は、一度おそうじ本舗手稲駅前店までご連絡いただければと思います。
不必要な不安はサッサと解消してしまいましょう!
お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る