進化は退化で 退化は進化?!

2016年4月27日

※昨日のつづきです。

かの アルベルト・アインシュタイン は、それまで『絶対的』だと思われていた、時間や空間が、実は 『相対的』 なものだという事を言った 『相対性理論』 を説明するためこんな言葉を残したといわれます。

「熱いストーブに手を置けば1分が1時間にも感じる。
  しかし、美しい女性と隣で話せば1時間が1分にも感じる。 それが、 相対性 というものです。」  と。


私は、東区のキックボクシングジム 『GRABS』 にて運動着に着替えて、久々(3年ぶり)に練習することに。
※前回お読みでない方は、4月25日更新の記事を見てみてください。
ウォーミングアップが終わると、GRABS の会長で チャンピオン の TOMONORI さんが

「藏田くん、久しぶりにミット打ってみる?」

「え?!いいですか!?」

なんと、チャンピオン直々にミットを持ってもらう事に!
そして、3分2ラウンドミット打ちをしたのですが・・・

案の定、ソッコウに息切れ!辛くてタイマーに目を向けると・・・  まだ40秒しか経ってないし! 
軽く吐き気がして、タイマーに目を向けると・・・  まだ1分40秒も残ってるし!! まだ半分以上動かなきゃいけないし!!!
本当に、3分が長く感じました。この感覚、格闘技を始めたばかりの19歳の自分を思い出しました。

そして思いました。
「こんなに3分が長ければ、私は1日に何台レンジフードがお掃除出来るだろう?」 

レンジフードの清掃は1台で3時間前後はかかります。しかし、1日に 「もっと台数をやりたい!」 と思うと3時間はアッという間で、一人では1日2台がいいところです。
格闘技を現役でしていたころは、限られた時間の中で 「もっとラウンド数をこなさないと!」 と思っていると、3分はアッという間 でした。
やはり、時間とは追われると早く感じ 追うと短く感じるモノですね。

この感覚は、スポーツマン としては退化ですが、サービスマン としては進化なのでしょうか?

ジムのリング上では、TOMONORIさんがミットを持ち、 日菜太さんが蹴る事に!
DSCN2371
あの、K-1MAX のツータイムスチャンピオン アンディ―・サワーに勝利した、伝家の宝刀 『左ミドル』!
あの、K-1MAX で、魔裟斗選手と決勝を争い、準優勝した アルトゥール・キシェンコを KOした 『左の三日月蹴り』!! 超リングサイドにて生で拝見!  感想は 「すっげー!ヤバっ!!」

そんな中も、私 ポンコツおじさんは ただ観ているだけなのに、全然スタミナ回復せず!高い心拍数をキープ!

思えば、格闘技を引退し、おそうじを始めたころは お風呂掃除を1件やっただけで 疲れがドッと溜まり次の日も動きたくないほど、その疲れは残っておりましたが、今では朝から晩までお掃除しても、次の日には回復。

これって、運動機能は退化しておりますが、労働機能は進化してるってことですかね?!


そして、日菜太さんから私に 驚きの一言が!!

「マスやりましょうか?」

説明しよう!『マス』とは、パンチなどを相手に当てないように行うスパーリング 『マススパーリング』 を略した格闘技用語である!

「やってくれるんですか?!是非ともお願いします!」

こんな貴重な経験ができる期会はなかなかないので、 「マスとかできたらいいなぁー」 と思っていたところを、日菜太さんが察いただけたのか、 日菜太さん TOMONORIさん と二人のチャンピオンと マススパーリングをすることに!
3年ぶりにやる マススパーリング が チャンピオンお二人なんて・・・ なんて贅沢な!

しかし、実際にやってみると・・・  マススパーリングなのにパンチが まったく見えない!
お相手がチャンピオンというのもありますが、動体視力の退化で目が全然パンチについていけませんでした・・・。

思えば お掃除の仕事を始めたころは、キレイになる事を期待してご依頼いただいたお客様のお宅で、おそうじ終了後、汚れを残してしまっていて、お客様から ご指摘や 叱咤激励 をいただく期会が何度もありました。
その時の私は、パンチは見えるけど 汚れは見えない 元格闘家の イタイおそうじ屋 だったのでした。

しかし、今はお客様から そんなご指摘をいただく期会も減ってきて、作業後にご満足いただき とても喜んでいただいたお顔を見られる期会が多くあります。
今は、パンチは見えなくなったけど 汚れはしっかり見れる おそうじ屋 に成れてきているのかもしれません。

これって、格闘家 としては完全なる退化ですけど、 おそうじ屋 としては完全に進化と言えますよね!

そして、進化や退化を繰り返して、常に変化しながら生きておりますが、昔も今も変化してない部分があります。
それは、 『一生懸命がんばる』  ということです。 現役時代は格闘技を一生懸命がんばってきました。
今は、家族を守るためにも おそうじの仕事を一生懸命がんばっております。 
一生懸命だから、失敗しても成長できるし、失敗をご指摘いただいたお客様からも またお仕事がいただけたりしてきました。

ですので、一生懸命やってる私は おそうじ屋として、まだまだ進化を続けます!

そして、この道を極めた時、プロ野球界で 『打撃の神様』 と言われた 川上 哲治氏 が
「ボールが止まって見えた。」
と言ったように、 私は こう 言うでしょう・・・

「汚れが止まって見えた。」  と・・・・。              そもそも動いてないわ!

さらに、阪神タイガース 現2軍監督の ミスタータイガース 掛布 雅之氏 が10打席連続安打を記録した時に
「ボールが打って下さいと話しかけてきた。」
と言ったように、私は こう 言うでしょう。

「カビが、塩素をかけて下さいと話しかけてきた。」 と・・・・。            だとしたら怖いわ!

まだまだ、この道を極めることは難しいようです。


とにかく、話がそれすぎましたが、 日菜太選手 TOMONORI選手 本当に貴重なお時間ありがとうございました!

帰り際に、TOMONOI さんから暗示のように、 「明日、体キツイと思うよ。」 と言われました。
私は、そうは言っても 1時間くらいしか動いてないので まぁ大丈夫だろうと思っておりましたが・・・ その暗示が、次の日効いてくるのですが・・・・  それはまた 別の話・・・    つづく

次回 『地獄のトリプルヘッダー』
お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る