悲しいとき

2017年1月18日

世の中には、当時は『解らなかった』『理解できなかった』、 でも今だと理解できる って事、たくさんありますよね。
今思うと、謝りたい。理解できなかったあの頃の自分の発言を恥ずかしみ。
そんな事柄も年齢を重ねるうちに増えてきます。

私が少年の頃、小学校の担任がプリントを配るとき、必ず指を舐めっているのを見て、隣の席の友達と

「うわっ!また舐めったよ!汚ったねー!」

とか言って笑ってしまっておりました。


あれから30年・・・

悲しいときー!

スーパーのレジ袋が滑ってなかなか開けれず、無意識に指を舐めってしまったときー!


人間40年近く生きると指から潤いが無くなってくるもんなんですね。

二階堂先生ごめんなさい
お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る