もう少し!あと一歩!

2015年4月26日

一昨日、北広島店の磯貝オーナーに平取町の温泉施設内にあるレストランの床洗浄の現場に呼んでいただきました。
手稲駅前店の現場が終わった後、午後10時の閉店後に入れるように平取町に向かいました。
すると日高道の日高富川出口を下りるころにガソリンマークのランプが点灯。平取町内で給油しようと思いましたが、9時過ぎに開いてるガソリンスタンドは一軒もなかったのでそのまま現場に入りました。

清掃はさすが磯貝オーナー!広いフロアを手際よく洗浄し深夜2時前にはすっかりキレイになりました!
帰る際にガソリンの相談をすると
「店長それヤバいでしょ!この辺に24時間のスタンドないよ!苫小牧まで行かないと。苫小牧入ったら国道から二またの道路を千歳方面じゃなく、苫小牧市内方面に向かえばすぐにあるんだけど・・・」
と教えてくれたので、無料高速に乗って途中で止まったら最悪なので、どこかに開いてるスタンドある可能性もあるので、下道で国道を通って帰る事にしました。
止まったらどうしよう?とビクビクしながら、エアコンもつけずくに曇った窓を手で拭きながら走っていると、あれはむかわ町だったでしょうか?厚真町だったでしょうか?電気の付いてるガソリンスタンドがあったのです!
入ってみると電気はついているが、人気が全くありません。
よく見ると、
【営業時間が変わりました。7時~20時】と。
いっそ電気きってくれてた方が・・・。ぬか喜びでしたので、またビクビクと苫小牧を目指しました。
すると、何とか苫小牧市の看板が見えました。しかしまだまだ油断はできません。ギリギリの戦いでした。
しばらく走ると磯貝オーナーの言っていた二またの分かれ道が見えてガソリンスタンドの看板も確認できました!
「間に合った!」
私は一安心。
「あの道を左に曲がればもう大丈夫。」
そしてハンドルをきり、左に曲がり直進しようとした瞬間・・・恐れていた事態が・・・。
止まったのです。ガソリンがついに尽きてしまいました。
もうスタンドは見えているのに・・・その距離やく500メートル。
そして私の下した決断は、ニュートラのまま押して500メートル進むでした!二車線の道路の路肩をお掃除本舗号を押して進んでいると、だんだん右に逸れてきて、大型トラックにクラクションを鳴らされビビり、押しながら運転席のドアを開けハンドルを左に切りながら押すと、切り過ぎて縁石にタイヤが突っかかりもう進むことができなくなりました。
私はハザードランプを点滅させ、一人スタンドに向かって走りました!そしてスタンドでタンクを借りガソリンを少しタンクに入れ、またそれを持ちながら車に向かって走りました!そしてなんとか車を動かすことができたのです。時計の針は3時半。家に着いたのが5時半でした。

こんなこともありましたが、磯貝オーナーまた呼んで下さい!ありがとうございました!
お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る